FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『女性の日』

2007年04月15日 19:42

PIC_0072.jpg

4月7日(土)はモザンビークの女性の日でした。去年はマプトで様子伺いをしていましたが、今年は農業省のみんなでセレモニーに参加しました。

財務省(オフィシャルに在籍)、農業省(仕事的に共同働き)なもので、どちらのカプラナ(こっちのトラディショナルな布)を巻くのか悩んでいましたが、財務省はTシャツをくれ、農業省ではカプラナを用意してくれたので、恐れていた2重巻きにはならないで済みました。
でも用意されたTシャツがXLサイズだったので、激しくフィットしませんw
画像にあるとおりぶかぶかで、シャツをぴっちり入れようとすると何故にか横のおばちゃま方に出されてしまいます。太っている感じの方が美しく見えるのでしょう・・・・

普通に土曜日眠たい目をこすって7時30に集合。
皆で歌いながら行進してセレモニー会場に向かいます。

PIC_0070.jpg

見えにくいですが、男性もカプラナを上にはおったり、巻いたりして統一感を出しています。
PIC_0073.jpg

保健省組みはやはり素敵にさわやかです+゜。(*´∀`*)

モザンビークの女性の日はモザンビーク建国の時に戦った女性がなくなった日です。ジョシナ・マシェルという人ですが、今でもこうして自由と闘争の為になくなった女性のことを現地人は私に話してくれます。

日本にはそうやって女性の為に戦ってなくなり、自由の為に貢献した女性はいるのか?と問われました。

むぅ。難しい問題です。
ジャンヌダルクのように、そして強い女性を過去の歴史から考えてもあまりこれといったものがなかったので、「平塚らいちょうというひとは『元来女性は太陽であった』といって女性を尊んだ人がいた」と説明したのですが。。



家に帰ってみて。ふと思って。
自分が自由の為に行動できる、そして女性が強くなる為にある意味人生の闘争をしたいな、そういった心を持つ人になりたいと考えていました。私の歴史を多分今作るときなんです。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miestyle.blog20.fc2.com/tb.php/177-d50a92c3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。