FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NGO訪問と単車貸与講習会

2006年11月19日 06:23

毎日とても暑い日々が続きます。最近のブームはなんといっても水風呂ですね。
蒸しあつーいです。

先週とうとうマプト入り
イニャリメ群の巡回(前回のBlogにある記事)の次の日だったのでかなりのハードスケジュールでした。(*′□`)ぁ゙ぁ゙

なんだかんだいって、月に一回は首都に上っている感じがします。でも全て公費やら出張で行っているので、実費がかかっていないところ、とてもラッキーな隊員です。
今回は、単車貸与前講習会といって、バイクの実地テストの為2日間だけのマプトの滞在となりました。

maputojoukuu.jpg


飛行機で今回は移動になりました。とっても綺麗な眺めをみながらすぐに到着。
Taxiでおしゃべりして、隊員連絡所に着くと創価大学出身の隊員に遭遇。彼女はエイズ研修でジンバブエに行くちょうど直前のところで、ここもまたおしゃべりが続く。
ついたすぐの夜に新規隊員の果樹のTさんとお食事会&農業セクター会をしてよるはぐったり。

さて次の日
ここからが今回訪問のメインイベントになる日です。朝からいつもに珍しくぴっちりスーツ。時間もないのでTaxiに乗り、MEDAというNGOのマイクロファイナンス担当の方にご挨拶しに行きました。
MEDAはモザンビークでも主体的にマイクロファイナンスを勧めているNGOで、前々から興味を持っていたのです。
私の専門はマイクロファイナンスで、知らない方に簡単に言えば、農村の村人に小規模単位の貸付を行い、新規ビジネスチャンスを与えるというシステムのローンです。これに付随してマイクロセービング(小規模預金システム)もあれば、マイクロインシュランス(小規模保険)、マイクロフォン(携帯電話でのビジネス)などがあります。

とかく私のいる部署ではNGOとの連携したプロジェクトが色薄い為、私としてもNGOが担当して確実な可能性のあるプロジェクト視察→小規模単位の試験的実行がこの隊員派遣期間のうちに行えればと思っていたのでその下調べの一歩となりました。

MEDAにはプロモーションの為にも、前回訪問したAssociationのマンディオカをもって行き、和やかに会議がスタート。DPA(農業省州局)やDPF(財務省州局)でも何がコラボレーションできる方法があるのかということやJOCVのことについても話が続行。イニャンバネ地域で行っている3団体ほどの他のNGOについても教えていただきました。

すばやい行動と対応で、すぐWorld Relief(米NGO)のマイクロファイナンス担当の方にもアポをとって頂き、紹介していただいたそのNGOにまた移動。話がこんなにもスムーズに進むことができて収穫ありありの午後が完了。

その後すぐにまたJICAオフィスに戻り、お着替え
(o´艸`)スーツ仕様から長袖ズボン&軍手に変身。地下駐車場でバイクの運転技能審査及びバイクの点検事項について、先輩隊員と調整員さんと共に行いました。普通、他国では自動車整備などの隊員が実施してくれるそうなのですが、未だ自動車整備系隊員はモザンビークにいないため、地味に3人。でも、二人ともプロっぽかったので安心しながら講習会が進められました。でも、エンジンオイル交換にとてつもなく時間がかかって、(あたしのせいじゃなくて、《恐らく》バイクの構造の問題??)みな汗だく

さわやかに終了後はアイスをご馳走になりました。

夜、隊員、JICA、大使館職員などなどをまじえてその週誕生日の人が3人もいたので夕食会。
いろんな人とわいわいやりながらとても楽しく終えました。体力的が若い頃とはとてつもなく衰えてることを実感・・・(悲

少しずつ、隊員生活により実行の可能性の壁が広がるよう、祈願をこめたマプト訪問になりました。バイクの件は、あとは所長の承諾を頂くことになります。どうなるやら。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miestyle.blog20.fc2.com/tb.php/153-ba019c6b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。