FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5W1Hの思考

2006年07月25日 22:43

orphans_in_inhamba_galleryfull.jpg

この写真は、Loyality Free(著作権なし)の誰かが取ったイニャンバネの写真。かわいいーって思って撮ってたのを載せてみました。
(自分の写真達がねた切れ?なのもありますw)

さて、最近は新しいプロジェクトが色々慌しく動いている模様で、会議が多いです。今日は、首都のMaputoから帰ってきたTomoと新しい事業の話を聞きました。来年度1月から全国展開で世銀、UNDPが関与したプロジェクトが始まるそうで、今週木曜日にまた詳しい話を聞き、イニャンバネ州内でも私と同僚達が担当していくことになっているそうです。

その話を聞いた後、「日本の農協はどうなっているの?」と言う質問に、戦後からの農協の動きについてとても簡単に説明しました。
彼は日本の農協の出荷システムと金融システムに興味を示した様子。
とくに補完研修でも習った生活改善普及員が農村の女性にいかに変えていったか強調して、私も少々力説していました。

問題は、イニャンバネでは人口が少なく、作った作物を確実に売れるマーケットが少ないこと。需要と供給ラインの重なる推移が低くなり物価も低下していってしまうということでしょう。
首都まで物品を売るにしても、南アメリカ等の外資強豪スーパーマーケットに価格で勝てるわけでもないのがまた困難な要素。また、発展の難しさを考えさせられました。


さて、その後DPA(農業省イニャンバネ州局)にもどり、前回行った栄養調査の今後のモニタリングについての会議が。

いつもの事ながら、会議は長いし、道をそれることがとても多すぎるように感じます。モニタリングをどうやってどのように?っていうことを皆で共有する質問がなくてはならないと思うのですが、うちではこうよ、あの州ではこうよとの長い長い話にやっきになり、「今後どうする」といったことが明確化できないといった感でいっぱいでした。

今日のお題にも上げた5W1Hとは「When,Who,Where,What,Why,How?」の「いつ・誰が・どこで・何を・何故・どうやった?」という、一般・公共の他人に明瞭に情報を伝えるための要目。

会議の中でもそれはどうしてなんだ?どうやって進めるか?何を持って進めるか?いつ行うのか?ということを中心に会議を行うべきだな、そうじゃないとそれまくってしまうのに・・・とあたしの頭の中はぐるぐる。

重要な会議では、モザンビーク人の話好きには少々苛立つことがしばしばありますが、やはりモデレーティング能力を養う為のセミナーなどを今後自分の興味範囲でDPA職員を対象に実施するのも面白いのかもと感じました。

また明日より、これに加え、イニャンバネ州全体のNGO活動をすべて見に行き、データーベース化する計画が始まる予定で、これも今後の資金集めや情報共有のために一本化していく様子です。
今まで農業省の資料はあったにしても、他分野(教育、エイズ、保健医療)などにはバラバラになっていてデータも無い様なんです。


なんで支援があったときに州ですべてを記録しておかないのだ??とまたぐにぐに考えましたが、過去のことを考えてもないものはないので、作るほかありません。
作ると言っても、NGO自体に連絡してメールか何かで教えてもらうとかではなく、すべての郡におもむき、NGOの人たちと話をしにいくといったかなりアナログ的なやり方ですが、時間がかかるけれども、色んな情報が得られるので(*´∀`嬉)GOODだと思います。
(私にとっては)
スポンサーサイト


コメント

  1. Mayte | URL | -

    自分の足で

    やっていかないと分からないことってきっとたくさんあると思う。

    ひとつひとつ、足でたどっていくと、もどかしかったりまどろっこしかったりするんだろうけれど、さ。

    この前、って昨日だけれど、うちの学部の先生のところに行って。先生が今度ダッカに行くんだーって話になってね。その時に、「どこの人とどう連絡を取ってどうしてこうして」っていう話を聞いていたら、「この先生って本当にアナログだったんだ。」と改めて。思った。でもさ、だからこそ、彼の人脈の強さがあるんだろうなぁぁぁ と、痛切に感じたよ。

    今は、いわゆる先進諸国に限らず、メールで何でもできる時代。でもそこで、どうやって顔をあわせたかとか、どうやってお話をしたかとか一緒に何をしたかとか。そういうことが本当に、デジタルが進んだ今だからこそ、印象に残るんだろうな、と思う。

    インド行きてーよ。

  2. みぃ | URL | -

    ぐぃぐぃ

    Mayte>>

    人脈作りも一つ一つの出会いといい思い出の機軸があったからだよね、先生は。
    確かにメールでは何でも連絡取れて便利だけど、そこでの対話には書けるものだ物ね。全部のNGOをめぐるの本当大変そう、体力が持つかどうか。
    私は訪問かなり楽しみにしてるんだけどねー。

    今日はそのための準備会議があったはずなのにドタキャン。。
    ドタキャンの連絡すら入らぬ。。
    フラストレーションをどう処理するかも必死ですよ・・・はぅ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miestyle.blog20.fc2.com/tb.php/119-0574c4b4
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。