FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーダー選出会議@WASSAMO

2006年07月02日 01:27

20060702004001.jpg

今日の巡回はモルンベネ郡にあるWASSAMO(ワッサモ)という女性団体。前にもここで紹介しましたよねー。WASSAMOでは2日間かけてトレーニングをするため、農業省のモルンベネ郡の農業巡回員1名と私の同僚アルベルティーナと共に朝5時おきして向かいました。

WASSAMOのメンバーは現在41名でここを拠点に農業学校として農業生産の向上とアソシエーション強化のために活動をしています。活動は開始されてから2年、発起人のマリアが活動のプロセスを組んだりトレーニングを行っていましたが、これからは彼女らの力によって活動するという時期に意向する様頑張っています。

2日かけてグループとは何なのか、アソシエーションとは何なのか、リーダーの素質とはどんなものか、会議開催にはどのような注意が必要かなどの簡単なリーダー学のようなものを学びます。このマニュアル本はかなりわかりやすく小学生にでもわかるような言葉にアレンジされていて、工夫が施されています。
言語はこの地に伝わるシーツワ語。私には何を話しているのかさっぱりわかりませんが・・・頑張って2日かよってそばでお手伝いをしていました。会議が始まるときに、挨拶はポルトガル語で行い、通訳を通してのものになりました。

20060702004236.jpg

さて、私の考えた挨拶、これって実はNTCのトレーニング前からずーっと考えていました。どうやって私のことを知ってもらうか、それって重要です。村落開発員と言っても、日本人でもきっと『何をするんだ?』と思われて当然の結構曖昧+わかりにくい職業ですよね。きっとイメージするのは一緒に井戸を掘ったり、一緒に田んぼ耕したり。そんな感じなのでしょう。
私がするお仕事はそういったことよりも、プロジェクトマネジメント寄りで、資金集め、会議の運営、プロジェクト立案と実行、モニタリングになります。プロジェクトマネジャーと言ったほうがわかりやすいかも。

それをここで話してもきっとわかってもらうには時間がかかるのだろうと思ったので、私がここに来た意味をつかんでもらうことから始めるべきだ、そこから始めようと思い語っていきました。
『私は日本から来ました。日本から来たボランティアでエコノミストです。皆さんは日本をとても豊かな国だと思っておられると思います。トヨタもあって、Sonyもあってテクノロジーの強い国で誰しもがきっとお金持ちなのだろうと思っているかもしれませんね。

そんな日本のある女性の話をしたいと思います。その女性はお金もなく、夫が死に、小さな子供が1人でした。友達もいません。頼れる家族もいませんでした。彼女の子供は食べるものがなく、泣き出し、次第にはだんだんと細くなっていきました。その母親は子供が泣き出すのをみるのをつらく思い、終には彼女は子供を殺し、自分も死んだのです。

日本には低所得の人々には「社会保障」と言ってお金を政府が負担して暮らしていける制度があります。しかし、その女性はその社会保障を知っていませんでした。悲しい現実です。

もし彼女が友達もたくさんいて、そのことを聞いていたら小さい子供と彼女が助かったかもしれませんね。でも彼女はその情報を知らなかったんです。

どうやって強く生きていくか、私はここで皆さんと考えていくために日本から来ました。豊かな国と思える日本でも女性の知識や情報が少なかったら間違った道を選ぶことになるんです。それはどこの国でも同じです。情報やここのように女性達の力が重要となっていくんです。

私は女性が強く、たくましく行動を起こすときが来たのだと思っています。私はそのために何でもしようと思って今日ここに来たわけです。私は皆さん一人ひとりにその可能性と力が備わっているものと信じています。

蓮の花は泥の中から這い上がって美しい花を咲かせることきっとご存知でしょう。イニャンバネにも綺麗な蓮の花を何度か見かけました。蓮の花が泥の中から綺麗な花を咲かせるように私たちも厳しい状況でも、大きな大輪を咲かせるんです。女性が強くなって力があればどんな困難な状況があっても、結果は必ずついてきます。皆さんが作物に水を注ぐように、私はその水のような力になれればと信じています。』

こんな感じに話したと思います。日本に出てきたこの事件の女性は少々初めての挨拶には似合わない悲しい話かもしれませんが、私の訴えたかった視点は情報を身につけ、行動する力。そこです。
私はそのお手伝いにきたと伝えたかったんだと思います。

トレーニングも順調に進んで言ったかと思いきや・・・

突然の大雨

20060702004118.jpg

コミュニティーホールが今だ改装していないため、ここでは森の中の竹で作られた場所で活動を行っていました。もう、水びだし・・会議も雨がフルごとに中断、これは本当早くコミュニティーホールを作らなくては・・と思ったよ。お金がねえ・・

さて、会議も終わり、終盤にはコミュニティーのリーダー選出になりました。名前がかけない人がいるので、投票は1人一票を目隠しをした人のお皿の上に入れるような形になって・・・

びっくりしたよ。こんな投票形式、日本ではみたこともありません。

20060702004403.jpg

これは拉致でも、いじめでやってるわけでもなく、厳粛とした投票です。
この投票形式は郡事務所の普及員が行ったわけですが、私も圧倒された・・

日本の中学、高校などで行っている生徒会の投票とかがとてもハイレベルなんだな・・と感じました。本当だったら候補者演説とか立会人演説などとかしたらもっと盛り上がるのにな・・・
あたしも事前にしっかり投票形式については聞いておくべきだったさ。そしたらもう少しはいい方法があっただろうに。

この方法で一応今後5年のリーダー達が決定しました。
5年後、あたしはここにいないわけで、もし村落開発普及員の後任が見る期会があるとしたら、もう少ししっかりとした投票形式を考えてもらおう・・・と。
ちょっと自分の機転の利かなさを恥じました。

ここでは隊員経費を使ってグループ組織がしっかりしてくれば、マイクロファイナンスを実行したいと思っています。それってかなりあたしにはどきどきです。自分が今まで読みふけってきたケーススタディなどの実行例を今自分がそれを作り上げようとしちゃってるんだから、あたしのわくわくようったらないです。

また、自宅付近の小学校で参加型ビデオ作成グループを計画中。子供たちがエイズとか家庭の問題、学校の問題改善のためのビデオを作成して学校で発表会をしようとね。これもどうなっていくか。
小学校ではグループワークがないそうで、未来を作り上げる子供たちが一つのことを成し遂げて行くことができればなとこれもわくわくしています。

さて、時が来たって感じね。
動き出しましょう、まずは一歩から。
スポンサーサイト


コメント

  1. Miku | URL | -

    みぃちゃんの挨拶とっても心に響いたよ。
    きっと会議に参加していたみなさんにも、わかってもらえたんじゃないかな。
    みぃちゃんの活動が本格的になってきたね。
    体には気を付けて、活躍してね。

  2. みほっち | URL | -

    すごい!
    適切な言葉が見当たらなくて、もどかしいんだけど・・・、みーちゃんが大学の時に決意したこと、思い描いていたことが、現実に近づいているんだね。
    みーちゃんのスピーチを聞いて、どれだけの女性が、心強く思ったか、みーちゃんと同じ決意に立とうと思ったか、計り知れません。
    引き続き、みーちゃんを応援しています。
    みーちゃんたちの、偉大なる奮闘、またお知らせください!

  3. みぃ | URL | -

    Miku>>
    こんにちは。
    これから1ヶ月は本番前のシナリオ書きをはじめなきゃと言った感じで。
    今月は隊員総会などで首都に向かったりちょこっと集中できない感があるけど、今月末には個別インタビューしたり、方向性を検討したいなって思っています。
    体には注意!って本当だね。
    森の中で行う会議だから、同僚が体調壊してずっと車の中に待機してたよ。
    現地人でも結構大変なお仕事だよ。普通、日本から着たあたしが先にお腹こわすと思うのに、同僚は食べ物にあたって大変だったよ。普通あたしが最初だよねw

    みほっち>>
    みほちんも挨拶についてのコメントね。
    ありがとう。前日死ぬ気で祈って考えたからね、少しでも分かり合えたらと思います。
    少しづつだけどやりたいことの道に近づいてきたね、本当。まだまだこれからだけど!

    引き続き、あたしをチェックにいらしてくださいw

    投票の写真の突込みが入ると思ったのに、誰も反応ないね(汗

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miestyle.blog20.fc2.com/tb.php/114-ea662ad0
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。