FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣いた。。

2006年06月26日 02:23

今日起きたらおととい拾ったわが子のような子犬が亡くなってしまいました。。

だからコメントもここでも長くかけないと思います。。

牛乳のミルクも赤ちゃん用のミルクも彼にはあわずずっと血便を続けてしまって、必死に『生きる』ために頑張ってたのに、とてもショックです。正直今日はマプトから友達も来ていて楽しい一日を過ごす予定が朝から大泣き。

ずっと夜付き添っていたのに、息を引き取ってしまいました。
彼はもうミルクを飲む力もなくなってしまって、最後は必死そうでした。私と一緒による寝るときは、最後、目が見えて私のところに寂しいからよってくる感触がしたから3日だけだったけど、『ひとりじゃない』ってことがわかっただけ、安心してその最後を迎えれたのならって。

今では彼のぬくもりも楽しかった時間も思い起こすたび泣きそうになる。

今日朝、大泣きした後、友達2人と海岸の見えるところに彼を埋めて、お題目を唱えました。
彼のために買ったミルクと哺乳瓶も海辺で買った彼の首輪も一緒に彼が寂しくないように入れてあげました。

これ以上書くと涙がとめどなく流れてしまうので、書けない。
ごめんなさい。

でも、彼にはたくさんの愛おしいものをもらいました。
来世は素敵な家族のところに生まれ、そして愛されて育つことを願っています。
スポンサーサイト


コメント

  1. Mayte | URL | -

    うちの子も、捨て子だったところを拾われた子。どぶの網のふたの下に、双子のお兄ちゃんといるところを見つけられて、飼われていたのを、はるばる山口から里子広告を見つけてもらってきた。最初は本当にひどかったらしい。

    その名残なのか、つい最近、虫下し飲んだらすごいことになってた。そして、今でも愛して欲しい、って言うことができずにいる。

    うちの子も、きっとそうやって拾ってもらったんだろうと思う。そう思うと、なんだか本当に切ない。

    殿下、それでもたった少しの間でも愛してくれる人がいて幸せだったんじゃないかと思う。最期に、愛されているって、知っていったと思う。

    彼が、美枝子に遺した愛が、美枝子を温めますように。

  2. ゆきぃ | URL | -

    その悲しみ...とってもよく分かります
    きっとその悲しみは何度もよみがえり
    胸を突くんじゃないかな・・・

    拾われ愛されたその瞬間 殿下は
    命の限りを燃やして みぃさんや関わってくれた人に
    本当の愛情を 教えてくれたんじゃないかな
    失う本当の悲しみと一緒に
    生きようとするその命の素晴らしさとか
    いっぱいいっぱい

    すぐには癒えない心の痛み
    とってもよくわかるから
    今は殿下のために
    いっぱいいっぱい涙を流してあげてください

    殿下はたとえ数日だったとしても
    みぃさんたちにいっぱい感謝してるから
    みぃさんたちに愛されてること感じてるから

  3. 名無しさん | URL | -

    殿下が亡くなっちゃったなんて・・・。
    幼い命が失われてしまうことは本当に悲しい。
    でも、殿下が出会った人がミーちゃんやミーちゃんと共に助けてくれた人たちで本当に良かった。。前の日記で書かれていたけど、殿下がミーちゃん達と出会えたことは運命だったんだよ。
    たとえ短い間でもミーちゃんの愛情につつまれて幸せだったと思う。絶対思いは伝わってるし、嬉しかったと思う。
    殿下が生まれ変わって、幸せになれるよう祈ってます。

  4. みぃ | URL | -

    Mayte>>
    心のこもったコメントありがと。
    Mayteも山口から子犬を預かった里親さんだったんだね。知らなかったよ。実家で飼ってたの?
    殿下は最後必死に起き上がってアタシの近くまで来て一緒にいたがってたから、絶対一人ぼっちよりは安心できたと思う。

    本当に悲しい出来事だけど、こういったことも乗り越えてあたしもしっかりしなきゃ。

    ゆきぃ>>
    まだ寝るときとかに、ああ、ああしてあげたら助かったかも・・とか、ああ、こうしてあげたらまだ命は長かったかも・・と思い出すことがひどくって、泣きそうになってます。

    後悔してももう遅いけど、日本みたいに動物病院も犬用のミルクも売っていなくて、出来ることが限られててかわいそうだったな・・と。

    彼が新しい生命に生まれ変わったときたくさん愛してもらえるようにずっと祈ってます。

    おり>>
    名無しだったから誰かと思ったけど、メールありがとう。打ち忘れちゃったんだね、名前。
    殿下、そうだね、運命だったんだね。
    お母さんを恋しそうにしてたけど、私たちがごはんをあげようとしたりしてフロアに彼を置くと必ず足元のズボンの中にまで入り込むぐらいくぅくぅ言ってたから、本当寂しがり屋だったんだあ。

    最後ね、絶対目が見えてた気がするの。
    3日だけだったけど来たころより白い膜がなくなっててね、最後ははっきり私のこと見てくれた気がするの。

    悲しいけど、お別れだけど、絶対今度は幸せになれるようにって。

    お墓のところでお題目送ったし、今も祈りを捧げてるよ。殿下、今度は大丈夫だと思う。

    また、泣きそうになっちゃったあ。思い出すと。

    ビデオとかもとっちゃったから、見ると悲しいけど、乗り切らなきゃね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miestyle.blog20.fc2.com/tb.php/112-64a959e6
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。