FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと1週間

2009年10月09日 00:46

配属されてから1週間がたちました。

同期入社?の方々はとても素晴らしい方ばかりでとても学ばさせていただいています。
毎日が研修研修ばかりの毎日で、援助体系やプロジェクトの仕組みなどをまた更に勉強しております。

頭パンク寸前wwww

オフィス仕事が2割。
専門家赴任前研修に参加するのが8割?といったところなので、まだまだ課の状況把握や引継ぎもされていないし、オフィスが迷路のようなので出口を間違えたり・・w

いろいろなことが始めてな世界。
協力隊時代とはまた違った意味の世界を見るのは新鮮でもあり。

これまでいた外資企業とは違い、日本型社会なのも、また熱い人たちもいるのも実感。

新しいことって妙に緊張はしますが、いろんなことに好奇心を持ち、前向きにいきたいと思います。
日本橋勤務だった頃よりは通勤が楽にはなった気がするのですが、今日の台風のラッシュにはかなりやられた・・・皆さん、ちゃんと通勤できた??

中央線が止まったり、荒川や多摩川の鉄橋を越えるまでにずいぶんつらかったといってた研修生もおりました。雨ばかりが続く毎日なので、心もどんよりしないようにと。明日は晴れるみたいだし♪

話は変わるけど、食堂があるのですが、その支払いシステムが超ハイテク!!
一度訪れて見てください。あれ、アフリカン達は絶叫するマシンだよww

新しいスタートなのでブログのテンプレートも変えてみました。
そのうちまた写真が変化したり、プロフィールも昔のままなので変えてみますね。

国内出張2件。うちひとつはモザンビークからも研修生が来て一村一品の研修を受けるそうです。どういった方々がいらっしゃるのか、楽しみです。

明日は研修をスキップしてジェトロ主催のナチュラルEXPOを見学に行きます。ここでは世界各国の植物素材が展示されますが、私の目玉はアフリカの製品達。

南部アフリカのNPO団体が作った植物由来食品や化粧品を見に行きます。
ハーブティとかスパイス、フルーツ菓子や自然化粧品クリームなどが展示され、日本の市場へのビジネスチャンスを狙った商品が並ぶようです。

私ビックサイト行ったことないので、楽しみです。
写真撮ってくるので、明日以降アップしますね。

んー。どの程度までブログに内容書いていいのかしら。。微妙。。
スポンサーサイト

ネリカ米研修@ウガンダ 2日目

2007年01月13日 20:50

20070116184940.jpg

2日目、ネリカ米研修は地道にJICAウガンダ事務所にて研修が続きました。稲や稲作について、病害虫や雑草について、稲作圃場試験方法についてなどを学んで終えました。私には新しい分野の世界を垣間見れたような気にもなりました。

20070129205221.jpg

その日の夜にはカンパラ市内にある豚焼き??を食べに地元隊員さんが連れて行ってくれて、停電もあり、真っ暗闇の中での会食会スタート。



[ネリカ米研修@ウガンダ 2日目]の続きを読む

ネリカ米研修@ウガンダ 第1日目

2007年01月12日 00:27

書こう、書こうと思っていたのに、毎夜の語り&呑みの時間で書けずにいました。。ゴメンナサイ。。

20070111235602.jpg

研修第一日目では、JICAウガンダ事務所で挨拶、ネリカ米についての基礎的な説明を行った後、実際にナムロンゲ試験場に足を運ぶことになりました。

開会式にて自己紹介が始まり、私達モザンビーク隊の他にも、ケニア、ジンバブエ、タンザニア、ウガンダの農業系職種の隊員が集まり、研修がスタートしました。

所長挨拶がとっても感動したので、少しですが書いておきます。着てみてすぐ思ったことは、ウガンダ事務所の人々のチームワーク性、組織力、それに職員スタッフの方々の人間性の密度が高く、何をとってみてもスゴイ!とは思っていましたが、所長がすごかったんです。

「この研修、失敗してもらってもかまいません」と言い出した所長。

!Σ(・Д・ )!!????

ですよね、普通。ここで人材を育て各国にネリカ米を普及しようと言うことよりも何より、ネリカへの熱い思いを持ってもらいたい、失敗を多いに分析し、次回や今後の研修を成功させる為の打ち出しにしてもらいたい。そして、ウガンダを好きになってもらいたいという所長でした。それに、とても思いやりにあふれているし、隊員を第一に考え、行動力のある、JICAきっての最年少所長でした。(所長室もとてもオープンで隊員との話し合いを自由に出来る場作りになっていました。)
所長に関するエピソードはここで書ききれないぐらい素敵な経験と智恵を頂いたのですが、ここでは割愛します。モザンビーク隊員は後で私がきっと熱く語ってしまうことでしょう。

ネリカ米の基礎説明を聞いた後、実際に試験農場で行われているネリカ米視察が開始。私達はマイクロバスに乗り、ナムロンゲ試験場へ!

20070111235735.jpg

これがウガンダの推奨ネリカの4号です。

20070112001132.jpg

試験場では植え方などを調査に関する畑などもあります。
この試験は植える時の深さの度合いを調べる実験。

いくつもの試験用畑を回り、脱穀、精米実習をして、稲の穂で縄作りをして縄跳びをしたりもしました。
[ネリカ米研修@ウガンダ 第1日目]の続きを読む


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。