FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[毎日新聞] 金山夏子さん 巨大津波・被災地が求めるもの

2005年10月17日 23:48

私の大学の大先輩である金山夏子さんが毎日新聞に掲載されたことを知り、すばらしいニュースだったので皆さんにもお知らせしようと思います。国連研の先輩ががんばっているところ見ると、もう本当に勇気が出ます。私も先輩のようになりたい!


巨大津波・被災地が求めるもの:私たちにできること 自立の気概、どう育成
 <スマトラ沖大地震・インド洋大津波>

 「○×で働いている人は私より楽な仕事なのに給料がいい」

 インド洋大津波の被災地、インドネシア・アチェとスリランカ北東部などで活動を続ける国際医療NGO(非政府組織)「AMDA」(本部・岡山市)。アチェの統括責任者、金山夏子さん(29)は、国連機関や資金力のある欧米NGOの給料と比べて不満を訴える現地職員に、まず「高いところに行っていいよ」と突き放して反応を見る。

 昨年12月の大津波発生から26日で9カ月。被災地では本格復興が軌道に乗り始めた半面、援助関係者の新たな悩みとして、待遇を巡る問題が浮上している。

  ◇    ◇

 被災地や紛争地に展開した国際機関は、現場で働く職員の大半を現地で雇用する。

 国連関係者によると、彼らの給料は多くの場合、現地の平均収入と比べてかなりの高水準で、国連機関、国際NGO、地元NGOの順に下がる。給料は団体ごとに差はあるが、雇用された人たちとそうでない人たちとの間には、時間とともに経済的格差が広がり、ねたみも生まれる。

 この種の問題は、アフガニスタンの復興過程で深刻だった。給与差や物資配布量の濃淡が不公平感を生み出し、殺人など重大事件に発展した例もある。援助機関が去った後も住民間にしこりが残った地域がある。

 大津波被災地、スリランカ北東部トリンコマリー県の保健局幹部は今春、外国のNGO職員らに、「国際援助に依存してしまい、私たちは自立心を失うかもしれない」と不安を漏らしたという。

[[毎日新聞] 金山夏子さん 巨大津波・被災地が求めるもの]の続きを読む
スポンサーサイト

[イベント]国際協力への様々な関わり方

2005年10月16日 01:40

私のインターン先のPRというか、国連デー記念のワークショップを行いますのでお知らせします。
以下転送でっす。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 国際協力への様々な関わり方  ――エキスパートに聞くキャリア形成――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         国連デー:UNOPS UNFPA UNV 合同ワークショップ
         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■日時:10月24日(月)18:30から(18:20開場)
■場所:東京都渋谷区神宮前5-53-70
UNハウス5階 エリザベス・ローズホール
    地図:http://www.unu.edu/hq/japanese/access/img/map.gif

国連デーを記念し、国連大学及び国連諸機関では「国連創立60周年・国連大学創立
30周年:21世紀に国連で働く-平和構築への貢献」と題し、国連デー公開フォーラム
が開催されます。

国連大学主催の公開フォーラム後、国連人口基金(UNFPA)・国連ボランティア計画
(UNV)・国連プロジェクトサービス機関(UNOPS)の3機関合同でワークショップを
行います。

ワークショップでは、UNFPA・UNV・UNOPSの活動を紹介する予定です。また、3機関
での勤務経験に限らず多彩な国際協力経歴をお持ちのエキスパートをお招きし、国連
機関のインターン、青年海外協力隊、国連ボランティア、JPOなど、様々な「現場」
におけるご経験についてお話を伺います。

国際協力分野のキャリアをお考えの方、国連の仕事に興味がある方、平和貢献に携わ
りたい方、あなたの夢の実現のヒントがきっと見つかるはずです。

■参加方法:国連デー公開フォーラムに参加を希望される方は事前登録が必要です。
(詳細:http://www.unu.edu/hq/japanese/unday/2005/index2005.html)
UNFPA・UNV・UNOPS合同ワークショップのみご参加の方は、当日UNハウスまでお越し
ください。事前登録は不要です。


■お問い合わせ:UNOPS東京事務所: RegistryTokyo@unops.org
03-5467-4230 (担当:大内)

国連改革パブリックフォーラム

2005年08月31日 00:09



今日は午前中が普通のお仕事、そしてお昼から国連改革に関するパブリックフォーラムに参加してきました。外務省および国連改革を考えるNGO連絡会が主催のもので、9月14日~16日に行われる「国連ミレニアム宣言に関する首脳会合」に向けてのフォーラムでした。NGO関係者、国際機関関係者、および外務省関係者との間において、意見交換を行う場が設けられ、大変楽しかったです。

まず、会議が行われたのは三田共用会議所、というところでオーストラリア大使館横(麻布十番駅付近)にある場所で、写真画面からわかるかとは思いますが、豪邸のようなすさまじさを誇る建物でした。あたしは、かなりミーハーパワーを炸裂してしまって、建物に入るや否や、キャ━(*′∀`*)━ !!!!!ってわめいていました。(汗

今日の分科会では「開発」のグループにいきました。ODAやら日本の援助の問題についてNGOの方々中心に活発な議論が行われていました。

デモ

今回の会議の目玉は「国連改革」なわけで、もう少し国連改革に関する修正案のことについて討議したらいいのにー!!と思っていましたが、手を上げて「( *′ノд`)<議論ずれてませんか?」などは口が裂けてもいえませんでしたw

この分科会では石井財務省大臣官房参事官や、外務省開発計画課長などなど省庁系の方がファシリテーターとなっていました。

パネルディスカッションは分科会よりまた勉強をさせられる素晴らしい感じでした。メモをとる手が痛くなるほど。星野俊也大阪大学国際公共政策研究科教授やピースボートの川崎さん、市民外交センターの上村さんなどがパネリストとして進めておられました。

何よりよかったことは、ピースボートの川崎さんのメッセージが強烈かつ端的ですばらしいものだったことです(*´・д・)(・д・‘*)ネー。上げればきりがないのですが、特にいいなと思ったことを書きましょう。(会議の模様

「日本は国連をベースに憲法第9条を世界的に広めていくべきである。また「人間の安全保障」というよりもむしろ「平和に生きる権利を保障する」ことに焦点をあてたい。日本が戦後に何を学んだのかもふくめ、国連改革において主張するべきだ」と。

また、大学(学部生)の当時にあたしたちの中では「ムシャキン」と呼ばれていた「武者小路 公秀(むしゃこうじ きんひで)ピースおおさか初代館長」などにも生で見ることができた。ああー感動した。

そして無事会議が終わり、(*´・ω・`)=3 ふぅっと一息ついたところに携帯メールが鳴る。

[国連改革パブリックフォーラム]の続きを読む


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。