FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配属部署の決定

2009年09月24日 00:11

ながらくまたオヤスミしていました。このブログ。

9月にはいり、新型インフルエンザまがいの高熱が。。
発熱外来にも行き、隔離。。
父さんが基礎疾患があるので自宅でも隔離。。
38度以上の熱もあったので検査もしたんだけど、インフルエンザの症状を見抜くには少し病院に来た時間が早すぎたのか、陰性。
再度検査を私用かとは思ったのですが、熱以外あまり苦しくは無かったので、1週間ぐらいぼぉーっと過ごしました。どうにか治りました~。

その後、やっと次の仕事の配属先が決まりました。
顔合わせが16日に行われ、ボスとなる方と面会しました。10月からお仕事がやっとスタートします。その前に勉強しておかねばならない点は多々あるので、しっかり準備しておこうと思いますが。何分、腰が重すぎる。それに、人生の分岐点にいたるせいか、対自分と向き合うこと、原点を再度思い出すこと、何のための仕事であり人生なのかを考えるなどなど、哲学的に毎日を過ごしていました。
傍目からはおそらく、サボっているようにしか見えないんだろうケドww

10月からの研修は3ヵ月ごとにプランニングされており、来年1月からはナイジェリア、4月からはルワンダと一応現地出張・調査などの計画が作られていました。
随時万事しっかり勤められるよう、何より体力が心配なので、頭も身体もしっかり鍛え上げねばと思っています。

来年10月以降は海外勤務を2年することになります。
マラウィまたはルワンダという予定のようですが、何分派遣も運とタイミングなのでとりあえず、というおおよそのものだそうです。

---
全然話は変わりますが、JICA本部が移転したので勤め先がそちらになります。
んで、麹町か四谷が近いようなのですが。

徒歩○○分ってやつ、いつも信じられないのですよね。

JICA研究所は市谷から徒歩10分と書いてあったけど、私の足では20分はかかったような気が・・
それにJICA横浜へは徒歩15分と書いてあったけどこれもまた20分以上かかった気が・・・

新しい本部は本当に本当に私の足でも四谷から徒歩7分であるのか、知りたいのだけれどな~~
スポンサーサイト

失業&転職

2009年08月09日 22:56

皆様、ご無沙汰してます。
100年に一度の大不況。とんだ事態に陥っておりました。
勤めていた外資系金融のお仕事、正規&非正規職員の人員削減が始まり、私も失職状態にありました。ある意味、かなり時代の最先端いってたよw。。・゚・(*ノД`*)・゚・。'`ゥ

人事部の人材開発でのお仕事でしたので、社内教育分野に予算も出せない状況だったから、あの場所にいても自分のキャリアステップには繋がらないのは見えていたので、良い機会だったのかなと思います。

転職活動を始めたわけですが、私の経歴はかなりある意味特殊なので、紹介会社さんも顔をしかめていましたけど、やはりこの時期、どこも難しいのだと肌身で感じました。

父の病気もあって今すぐには日本から離れられるわけではなかったので、契約社員かもしくは派遣かとも考えていたのですが、自分を納得付けれる縁のある企業が見つからなかったのもあり、再度開発の道へ目指す方向も考えました。

とにかく1年は日本にいたいのだが、応募できる職と言うのはなかなか難しい条件。
ちょうど運よくJICAでジュニア専門員の募集がかかっており、1年国内研修、その後2年間海外研修だったので、応募してみました。私は青年海外協力隊を任期満了できなかったから、ハンデがあるよなあ~・・・・無理だろうなぁ・・・と思っていましたが、1次選考通過。

面接も通り、ジュニア専門員に合格しました。

自分の力が発揮される使命のある場所にと思っていたので、なぜか導かれたようにあっけなく決まりました。まだ配属先の部署も研修先もわからないので、友達から「何をするの?」と聞かれ、困っておりますが、とにかく3年間は技術協力の実際やプロジェクトの運営管理、コーディネーション業務などの専門性を高める研修として勉強することになります。

応募分野は悩んだ末「中小企業振興」の中の「地場産業振興」。1村1品運動や起業家育成などを行う分野です。より経済の知識と地域産業復興の分野に自分の専門性の力を注ぎたいなと思い選考しました。働き始めるのは10月からなので、ふらふらせずしっかりその間勉強をしておこうと決意しています。中小企業診断士の資格を取ろうと思います。厳しそうだけど・・・・

また新たな一歩が、始まります。

国連機関の面接、NGOの面接

2008年03月03日 01:15

またまた、書くのが億劫になってるのか、自分の進捗を露わにするのが嫌なのか?ブログの記事を書くことを怠っていました・・・・(lll-ω-)ノ【○o。反省㊥。o○】
それに、最近このアンバランスな状態が自分を不安にさせるのか、睡眠障害に陥ってるのではないか・・なんて考えてしまうくらい寝入りが悪いし。。心身的なストレス以外に考えられません。。

Image059.jpg某日、FAO(国際連合食料農業機関)でコンサルタントの面接がありました。写真はそのオフィスがあるみなとみらい駅から直通のパシフィコ横浜への道からとったもので。FAO以外にもWFPなどの組織が入っていたりします。国際会議場も目の前で、TICADが今年5月に行われるには完璧な環境ですね。それに素敵にきれいです。
多少、都心ではないので他機関との交渉ごとには面倒なのかなとも思いましたが、電車で分けない距離なのではないかな。横からは観覧車が見えるし、JICA横浜も近い。
国連系なので、英語面接かと思いきや、どっぷり日本語。こちらのほうが驚いてしまいました。所長室に通され、所長と人事の方と2:1の面接。なんど面接をしても怖いものって怖いですね。今回の募集は空席公募だったので、書類審査→面接→採用という流れらしかったです。TORを確認してCVを送付したのですが、面接にお声がかかるとは思っていなかったので、とても嬉しかったし、まだまだ自分にはチャンスがあるんだ!といきまいて面接日を迎えたわけです。仕事の内容についても、私にはもったいないぐらいのもので、プロジェクトの企画立案(ドナー交渉)→施行→モニタリング、外務省及び農林水産省へのレポートなどなどで、海外出張ベースですが、とても興味深い仕事内容でした。

残念ながら、選考にはもれてしまい、ご縁がありませんでしたが、自分もこういったところから面接の声がかかるんだということを知れただけ、モチベーションがアップしましたね。
力を付けてぜひ再チャレンジをしてみたいものです。

他方、唯一NGOの面接も一回行きました。
NGOってカラーがあるので、よくよく仕事内容、業務、理念をチェックしないといけないなと思います。自分の目指しているものによりよくマッチしているかも重要ですよね。
そのNGOさんは、ここでは名前を伏せますが、マイクロファイナンス事業も行っているので、やりたいことが多少できるのではないかと思い、応募したのです。
1次面接、2次面接を通りまして、採用ということにはなったのですが、やりたいこととのリンクが面接を聞いて話しを聞くうちにずれていることがあるということもあって、採用を頂きましたが、辞退しました。
[国連機関の面接、NGOの面接]の続きを読む

面接&面接

2008年02月14日 00:29

忙しくもないのに、ブログ更新を怠っていました・・・(汗

まだしっかりと就職先が決まっていないのが、少々恥ずかしくもあり、自分のプライドに引っかかるのでしょう。。。ニートじゃないのにニートの一部のような気がちょろっとするのもあります。

あまり更新がなく、心配してくれている先輩や友人の皆様!
私は頑張っています!!ってあんまり声を大にすることでもないですが^^;

ここ最近は2日に一度面接が入ったりして、日本の形状記憶シャツ&スーツにびっくりします。
アイロンかけなくていいだなんて!って思うほど、スーツって随分質がいいのですね。アフリカでは毎日のように下着にもアイロンをかけ、虫を駆除していたのに、日本ではそんな心配もいらないしっ!
(モザンビークではアイロンかけていたのも、お手伝いさんだったわけで、実質あんまりアイロンがけしてないんだけども・・・)

ともあれ、コンサル系会社とか、NGOとか、公益法人とか、国際機関とか、目に付くものにはどんどん応募していたので、その山がここいら最近どっさり来ています。
平行して、無職でいるのも困ってしまうので、保険のように派遣の仕事もいいものがあれば教えてもらっています。でもかなり随分Pickyなので、あれはやだ、これはやだとキャリアカウンセラーの人は困り果てているんじゃないかと心配ですが、とても私のキャリアについて考えて付き合ってくださっているので、とても素敵な感じな方で、いつも話していても励まされます。

就職活動をしていて、自分に力がないのかなとか、もっとスキルがあればとかネガティブなことばかり考えてしまいがちで困ったもので。。
でも、自分には可能性があるって面接前にはそう自分を言い聞かせて望んでいます。

時に、派遣のお仕事の面接で、大手外資系の職場の面接では、「アフリカにいました」とか言うと、かなり相手側の引いている感じが手に取れるし、(たまに興味深く話を聞いてくれる方もいますが^^;)微妙な空気が流れます。

事実を曲げることもできないので、正直に話しているんですが、やっぱり私のような活動をしてきた人は一般企業は異質にみるのはわかります。

また比べてNGO系の面接に行くと、活動内容については関心を持って聞いてはくれるものの、待遇や勤務体系が大体公募する時点でないため、その場で聞かされるんですが、驚きの額だったり、仕事量です。実質やりたいことと仕事内容がぶれることが多いので、公募の時点でTORのように詳しく書いてほしいなあなんて思いますが、そこは、しょうがないでしょうか。
[面接&面接]の続きを読む

さぶっうっっー

2007年11月29日 22:18

Image028.jpg Image037.jpg

NIPPONは寒すぎるっっ!
あまりにも凍えそうになっているので、ちゃんちゃんこを探しに出かけてもどこに行ってもみつかりません。


Σ(-∀-`lll)なんで・・・

うちのママには巣鴨に行くといいと薦められましたが、おばあちゃんの原宿にさすがに足を運ぶまでにはまだ至っていません。。

街を出歩いただけでも、東京は(*ノ∀`*)σ||*★*ステキスギル*★*||と感じます。
お勉強をしながら友達を待っていたらハートの模様のカフェオレ出してくれるしKIRA KIRA表参道に行ったら素敵なクリスマスツリー飾ってあるし。

モザンビークにいたころは、ただただ「暑いよーーーーー!!」と怒りわめいていただけで、クリスマスの飾りつけもないし、日が照り付けるだけのある意味熱のこもったクリスマスって感じだったけど、東京はどこもかしこもロマンチック♪それに、サービスもすごくて洗練されておるよなーって感じながら日々過ごしています。

とりあえずのところ、興味のある仕事のみ数社(社なのか??団体??公官庁なのか??)いろいろ仕事のCVを出してはみましたが、どれも面接までにはこぎつけるものの、まだまだしっかり決まる事ができないので、イライラは募りますが、焦らずじっくりと思って自分のSkill Upを考えています。

やっぱり、私の場合は職業経験があんまりないから、そこのところ、このご時勢、年齢もあってか?つらく厳しい国際協力業界に自分をもっと飛躍させていかないといけないなと。

自分にはどのような使命があるのか、どのようなスキルをつけていくべきなのか、そしてどのように人生の目的を達成していくべきなのかそこのビジョンを明確にして、未来の構想図というものを描いていく作業を今こそ必要なんだって思います。可能性があると信じて突き進むことと諦めの心を打ち壊していく作業を同時にしながら今自分はそういうところに置かれている気がします。

[さぶっうっっー]の続きを読む


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。